新型コロナウイルス感染者を増やさないためにもPCR検査を

 新型コロナウイルス感染が急増しています。小金井市内ではグラフにあるように、1日あたりの感染者数は1月11日時点で124名です。累計感染者数は363名です。

 私は、10月の感染者数をグラフにしてみました(下記グラフ参照)。GOTOトラベルを東京で開始した後、急激に増え始めていることがわかります。

 日本共産党は、感染拡大防止のためにPCR検査を軽症で無症状者などにも徹底して行うべきだと主張してきました。

 しかし、国はPCR検査をやれば感染者を受け入れる体制が取れないとよくわからない論理で、抑制しています。


 ノーベル医学・生理学賞を受賞した大隅良典、大村智、本庶佑、山中伸弥の4人の科学者が、新型コロナウイルス感染症の拡大について、医療支援やPCR検査の拡充などを実行するよう政府に要望する声明を発表しました。声明は、過去1年にわたるコロナ感染症の拡張がいまだに収束せず、緊急事態宣言が出された現状を「憂慮」するとして、五つの方針を政府に要望し、実行を求めています。

 (1)医療機関と医療従事者への支援を拡充し、医療崩壊を防ぐ。

 (2)PCR検査能力の大幅な拡充と無症候感染者の隔離を強化する。

 (3)ワクチンや治療薬の審査および承認は、独立性と透明性を担保しつつ迅速に行う。

 (4)今後の新たな感染症発生の可能性を考え、ワクチンや治療薬等の開発原理を生み出す生命科学

  、およびその社会実装に不可欠な産学連携の支援を強化する。

 (5)科学者の勧告を政策に反映できる長期的展望に立った制度を確立する。


 市民から、無症状者へのPCR検査の徹底、医療機関、学校、保育園、介護施設などのPCR検査を定期的に実施することなどを求める陳情書が提出されましたが、自民、公明などの反対で不採択になりました。国にと同じようなことを言う議員がいることにあきれてしまいます。

 

 PCR検査の拡充を求める陳情書の採決結果

【賛成】:5 水上、板倉、たゆ、渡辺(大三)、片山。

【反対】:18、遠藤、吹春、湯澤、清水(自民)、紀、渡辺(ふ)、宮下、小林(公明)、鈴木、岸田、村山、沖浦(みらいのこがねい(立憲民主系))、白井、水谷(こがねいをおもしろくする会)、田頭(生活者ネット)、坂井(緑つながるこがねい)、篠原(改革連合)、斉藤(こがねい市民会議)。(敬称略)







特集記事